contact of the day

back to joruten TOP

clouds and the sun, a summer to remember

2013/08/03

いつになく空の青が深かった日

retreat

2013/08/01

いろいろなものに
煩わされないような
場所に移りたいけれど
そうもいかないとき

僕はまだ
いつでもどこでも
遮断された環境を
作り出せる達人ではないから

つまらないことで
時間つぶしをしながら
その時を待つことになる

場所を変えなくても
待てばその時はやってくる

待たなくても
呼び出せるように
なりたいものだけれど

The World's End

2013/07/29

サイモン・ペグとニック・フロスト
最強コンビのコルネット三部作の
最新作を観る

3作目で初めて
全2作から繰り返される
パターンの意味を知って
笑うことの意味が
全く変わってしまって
なんとも空恐ろしい作品に思えた
到達すべきなのかどうなのか
そんな問いは棚に上げて
映画は「終わり」に向けて、躊躇なく突き進む

繰り返すこと、引用すること
模倣すること、創造すること
ものづくりそのものを
笑いとばしながら
ものを作る

そりゃあ世界の終わりにもなるというものだ

消息

2013/07/25

一年近く消息のなかった
シリアの友人とチャットで話した

無事に生きている
状況は少し良くなり
今は学校で教えていて
一ヶ月したら父親になる

ニュースで知らされる世界や
ネットで語られる世界ではない場所で

彼と再開できる日が
一日も早くやって来ると
いいなと思う

The Audience

2013/06/14

ヘレン・ミレンがエリザベス2世を演じる
The Audience を観る
8人の英国首相と一人の女王のダイアローグ
長い時間の流れの中で
女王という一人の人間、一つの国、様々な感情
そして首相との対話を通して
浮かび上がるイギリスの姿
演出はスティーブン・ダルドリー

女王も一人の人間であり
好きも嫌いもある
妥協もあれば打算もある
共感できることも出来ないこともある

その上で、英国の
女王として君臨しているのだ

人のありかたと同じごとき
国のありかた

論理的、合理的、効率的な
答えを急がないことが
答えになることもあるのだ

別の空

2013/05/14

半年待たずに
ジョルダンを再訪する
もう一度
空を飛んで

春が来た日

2013/05/03

とかく評判の悪いスコットランドの天気だけれど
青い空と澄んだ空気の素晴らしさを
楽しめる日は必ずやって来て

そんな日には、皆が
天気のいいことを喜ぶ
とても喜ぶ

誰だって不平不満はあるだろう
けれど、誰にだって喜びもある

その日をじっと待って
心の底から楽しむのだ

魔法の言葉

2013/04/17

Danny Boyle の新作
Tranceを観た

ヒッチコックの「白い恐怖」を
少し思い出す

催眠療法で何処かに連れて行かれた
あの主人公のように
スクリーンを見る僕も
何処かに連れて行かれていた

その一言で世界のありようが変わる
魔法の言葉

魔法が効いているときは
誰も魔法のことを語らない

Mind the gap

2013/04/14

広い溝を飛び越えるには
体力が必要だけれど
深い溝を飛び越えるには
別の強さが必要だ

その深淵を覗き込む強さと
深さに引き込まれずに
飛び越える強さ

絶望は
広さゆえではなくて
深さゆえだと気がつく

もらう、あげる、つくる

2013/04/06

すべてのものは何か他のものと
交換可能だろうか

お金で買えないものは
ほとんどないという世界は
お金によってしか
何かを得ることが出来ない世界と
いうことだろうか

身の回りのすべてのものが
お金というものを介さずに
もらう、あげる、つくる
だけで成り立っていた
かつての世界を今に想像してみる
それはなかなか悪くないと思う

モースの贈与論を読みながら