contact of the day

back to joruten TOP

パッシブな一年

2021/02/28

あれから大きく状況は変わらないまま
一年以上が過ぎた
環境の変化にアクティブに対応するのは難しい

負荷を軽減するために
別の負荷が生み出される
負荷の総量はいつまでも減じることはないのだろうか

出番

2021/02/23

1999年のレンジローバーは
走行距離が22万キロを超えて
まだなお、雪の中に佇んで
次の出番を待っている

あちこち傷んで
弱くなっているとこもあるけれど
エンジンはぶるるんと
いい音で鳴るのだ

ブルーフレイム

2020/12/24

1995年、ジョルダンの首都アンマンのダウンタウンにあった
通称「泥棒横丁」という小汚い通りで
中古品の石油ストーブを買った
相変わらず芯の上げ下げはほとんどできなくて
当時教わったとおりに消火はストーブごと
さっと上に持ち上げて、勢いで消している
そんなアラジンのブルーフレイムは
今日も青く暖かい

2020/12/23

「買い換えた方が安く付く」
その言葉を耳にするたび
何か大きな罠に嵌ってしまった
気がしてならないのだ

First Blood (1982)

2020/11/24

力に対して力であらがうことは
不治の病のように
現在まで連綿と続いてる

争いは今も終わらない

しいたけ

2020/11/16

しいたけが大好きだからと言って
しいたけが嫌いで食べられない人を
受け入れられないことなんてあるのだろうか

しいたけと思想信条は
何がどう違うのだろうか

観賞

2020/11/15

落語と浪曲を観て笑った翌日に
シェークスピアを観てゾッとする
芸術の秋、観たい映画もあるけれど
この余韻が消えないように
別の日に観ることにする

追悼

2020/11/14

隣に座る先生に
ニュートリノというのは頭の中では
どんなふうに具象化されているのか
訊いてみたことがあった

明確な答えは返ってこなかった
つまりそれが答えだったのかもしれない

今頃はきっと
ニュートリノのように
こちらからは見えない世界で
静かに微笑んでいるのかも

ご冥福をお祈りします

初冠雪

2020/10/18

麓の秋を散らしながら
冬はゆっくり降りて来る

中秋の月

2020/10/02

いつかこんな景色を
ああ、見たとおりだと、思えるくらいに
写し取れる日は来るのだろうか

それには
光のほかにもいろいろと
記録する必要がありそうだ