contactodtheday
contactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodtheday


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.9.3
夜明け

ヨーロッパから日本に向かうフライトは
時間を追い越しながら飛ぶので
あっという間に夜が明ける。
追い越した時間は、どこにいったのだろう
機内から見たロシアの平原の夜明け。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.9.2


アムステルダムの空港には
居心地のいい場所が結構ある
まるで活気のある港町のように
いろいろな場所から来た人が
しばし留まっては、流れてゆく
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.9.1
島を出る

誰かの見送りのために
沢山の人が港で手を振っていた
世界の果てのような場所にあって
誰もが離れ難くなる小さな島
船はゆっくりと、現実の世界へ向かう
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.31


もう来ないかもしれないと思っていた島に
3年経って、再びやってきた。
大気も、海も、緑も、ここはあまりにも
全てが澄み切っている
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.30
オフロード

偶然が重なって
スコットランドランドローバークラブがやっている
地元のオフロードレースを観ることが出来た
広大な丘陵地帯に造られた手作りのコース
草の上に寝転がって、大人の遊びを見た
小さなオフロード車が転がるように走り廻る
どこまでも見渡せる草原
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.29
天気雨

雨が降っているからといって
躊躇しているわけにはいかない
いつのまにか降り出したように
いつのまにか止んでいる
スコットランドでは
天気を行動の基準にしてはいけない。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.28
虹の見えた日

フェスティバルはもうすぐ終わり
夏も終わろうとしている
一日中晴れている日は少なくなった
雲と空と太陽の
役割がゆっくりと入れ替わっていくように
ゆっくり確実に秋がやってくる
今日はきれいな虹が見えた
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.27
通学路

短かった3週間
学校に通うのはとても楽しかった
遅刻しそうになって走っていても
ジョギングしているようにしか見えない
のんびり歩いていると
そのままどこまでも
歩いていってしまいそうになる
2003年、夏の通学路
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.26
世界を創るには

ひとたび、役者が演じはじめると
そこに世界が立ち現れる
演劇の喜びは、そんな瞬間に立ち会えること
その世界は作り手と観客のおたがいで共有され
意味を与えられる
世界を創るには、想像力のほかはなにもいらない
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.25


いい舞台に出会った後は
観るもの、聴くもの、全てが
どこかでその舞台と繋がっているような気がして
いま自分の立っている場所すらも
ステージのように思えてくる。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.24
Old Long Ago

今年で54年目を迎えた
エジンバラ・ミリタリー・タトゥー
今夜は3週間続いた今夏の公演の最終日
僕の右隣の人はアメリカから
左隣はニュージーランドから
お互いに手を取って、口ずさんだ
Auld Lang Syne (スコットランド民謡)
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.23
ひんやりとした風

教会のひとつで行われている
St. Petersburgから来た舞踏団の公演
終わって外に出たら
太陽はとても眩しく、空は高く青く
風は少しひんやりとしていた。
観ている間どこかに連れていってくれるだけでなく
観終わった後、世界が少し違って見える
すばらしい公演でした。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.22
悲劇の後に

エジンバラの街をそのまま舞台にしてしまう
世界でただ一つのマクベス
今日は今年の公演の最終日。
演じきった後のみんなの顔は
ほんとうにうれしそうで
心からの拍手と、笑顔の交った瞬間
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.21
かもめ

チェーホフの「かもめ」を観た。
自分の戯曲が人に理解されないと嘆く主人公は
2年後に自殺をする。
大学の時に戯曲を書いていた僕は
10年経ってエジンバラで「かもめ」を観ている。
絶えず笑いを誘うような舞台の中で
笑わなかったし、笑えなかったのは
主人公だけだったことに気がついた。
「かもめ」を読んだのは、10年前だけれど
そのことには気がつかなかったし
こんなに「笑える」芝居だとも思っていなかった。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.20
スコットランドはイングランドではない

スコットランドの人たちは
自分達の国を愛していることを
臆せず口にするし、アピールもする
長い歴史の中で、常に敗者側だった
という理由を挙げる人もいれば
ナショナリズムに繋がらないという意味で
政治的にそれが大きな意味を持たない
愛国心ととらえられているようでもある。
そんなふうに「愛する」ことのできる場所に住める
スコットランドの人が少しうらやましかった。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.19
石の細胞

古い壁は、砂岩で出来ていて
もろくて崩れやすいので
保護するのが大変だという話を聞いた。
この傷や、あのくぼみは、
10年前のものなのか、100年前のものなのか
どれだけの壁が、消えていったのだろうか
崩れては、置き換えられる
街の細胞
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.18
路地の誘惑

迷い込んでみたくなるような
見知らぬちいさな路地に入って
突然、人通りが途絶えたり
見たことのない風景にでくわしたり
そうやって、不思議な路地を通り抜け
いつもの場所に出てきても
なぜか前にいたのとは
違う世界に来たような気がする。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.17
OPEN MIND

チョークで直接、壁に書いてあるのは
芝居のタイトル、劇場名、日時。
街に溢れるポスターやチラシ
200ページにわたるプログラム
300近い会場、1500を越える演目
街を歩き、ページをめくり、
耳を澄まし、目を凝らし、
その「一本」を見つけだすのだ。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.16
ニーベルンゲンの指環

Dress Circle J-13 番の座席で観た
地元のScottish Operaによる
ワーグナーのオペラ「神々の黄昏」
3年前から毎年一本づつ上演され
今年は最終章の「神々の黄昏」をふくめ
一週間で4部作が一挙に上演となった。
同じ席で4夜続けて観たという観客も多く
観客にとっても、上演側にとっても、特別な夜
鳴りやまない拍手は、どこか暖かかった。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.15
急ぎ足

高くそびえる建物には古い塔が多く
あちこちに時計塔があるのだけれど
ちょっと時間がずれていたり
止まったままの時計があるせいで
示している時間をあまりあてに出来ない。
時計を持ち歩かない僕は
開演時間に間に合うだろうかと
いつしか急ぎ足になる。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.14
ストリート

朝から晩まで
街のいたるところに溢れる音楽。
歌ったり、叩いたり、吹いたり、弾いたり
それでもあんまりうるさいと感じないのは
そのどれもが、録音した音では無く
ライブだからなのかもしれない。
音が溢れるというよりも
表現のパワーが溢れていて
道行く人たちも、それをちゃんと受け止めている。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.13
二足歩行

借りているフラットから大学までの道のり
コンクリートの階段、アスファルトの道路
湿った土、やわらかな芝生、古い石畳
足の裏に伝わってくるいろんな感覚が
歩くのは楽しいことなのだと教えている。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.12
幕間

劇場の客席が、日常と非日常の間にある空間なら、
幕間は、日常と非日常の間にある時間
ワーグナーのオペラ、ワルキューレ、
第2幕と第3幕の幕間
神話の時間と空間をどっぷりと共有しながら
いろいろな感覚が宙に浮いたままの
幸せな待ち時間
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.11
ウィンドー

いつも気になって立ち止まるけれど、
外から覗くだけで、中に入ったことはない
古道具屋のショーウィンドウーには
次に誰かに使われるのを
ここでちょっと待っているだけの
古い物たちが
所狭しと置かれていました。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.10
日常

朝ご飯を作る。
芝生の上を歩く。
今日のプログラムに面白そうなものがないか探す。
プールに泳ぎにいく。
芝居を見る。
スーパーで安売りの惣菜を買う。
晩ご飯を作って食べる。
明日から始まる英語のコースのために鉛筆を削る。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.9


そこかしこにある芝居小屋だけでなく
通りにまで溢れ出る表現者たち。
朝から晩まで、途切れること無く
パフォーマンスは続き
流される汗、かけ声や笑い声、拍手とおじぎ。
表現する人と、観る人が一緒につくる「場」が
数えきれないほど生まれ、
そんな「場」が街全体を包み込んでいるのが
8月のエジンバラです。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.8
都市歩行術

観光客でごったがえす、エジンバラの街中
今日見る予定の芝居のチケットだけを持って、
ぶらぶらと歩いた。
人込みの中は、砂漠とは違う
自分の足下だけを見ても、歩けないし
遥か遠くを見ていても、歩けない
必要なのは、小さな目的を決めて、
今、歩いてゆく方向を定めること。
contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.7
祝福された時間

午後8時の夕陽は黄金色に輝いていた
高緯度地方の夏
なかなか夜がやってこないから
なかなか一日が終わらない
そんな日の長い夏は、ほんの短い期間しか続かない
この場所にしかない、春夏秋冬のリズムの中に
この場所にしかない、祝福された時間がある。


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.6
ナット・キング・コール

エジンバラで借りた古いフラット
棚にあった古いレコードを聴いてみた
久しぶりに聴く、レコード針の音
古い街の、古いアパートメント
目を閉じたまま、
目の前で演奏されているようなJAZZを聴いた。
日本から遠く離れた場所で、
時間もどこかに移動したように感じた瞬間。
このまましばらくは、
どこにも戻らなくてもいいのだ。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.5
ローマ、フィウミチーノ空港

早朝の空港は出発の人々でごった返している。
それでもどこか気持ちがいいのは、
今まさに出かけようとする人たちから
うきうきするようなラテンな気分が
伝わってくるからだろうか。
イタリアに来たのは初めてで
トランジットで一泊しただけなのに
体のどこかでわずかにキャッチした
「ラテン」な感覚に
またいつか呼ばれるような気がしている。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2003.8.4
富士山

神輿を上から見下ろしてはいけないように、
この山を上から見てはいけないんじゃないかと思っていた。
外国から日本に帰る度に
いつもきまって眺めてみたくなる。
これほどまでに美しいものが、
国の真ん中に当たり前のようにあるということが
なんだか奇跡のようだ。
飛行機から眺めても、やはり畏れ多い
出発の日に空から見た、夏の富士山

contactoftheholiday


| CLOSE |