contactodtheday
contactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodthedaycontactodtheday


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.12
Yellow and Blue

最終日、出発まで時間があったので、
ゴッホ美術館に行きました。
作品を見るというよりも、
ゴッホの見ていた、世界を見たような気がして、
とても悲しくなりました。
けれどもそれは、旅の最後の、
素晴らしい経験でした。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.11
Rules & Forgiveness

ちょっと迷ったりもしたけれど、
6時間のドライブの末、
無事アムステルダムに到着。
ここは、マリファナも、売春も合法な国。
街中には自転車専用の道路ばかりか信号まであるし、
運河に浮かべた家(ボートハウス)にすんでいる人もいるし。
許されているというよりは、赦されている、
そんな居心地の街です。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.10
東を強く

これは選挙にむけたPDSという政党のポスターです。
「東を強く!」というような意味らしいです。
Schwerin というドイツ北部にある小さな街で、
まだ東ドイツ時代の名残が、
古い建物や街の雰囲気に、
残っているような気がしました。
過去には戻れませんが、
今の中に過去は生きています。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.9
Swimming Hippo

ベルリン動物園はとてもお気に入りの場所です。
そこでは泳ぐカバが見られます。
水中のカバは、ちょっとすました感じで、
とても気分がよさそうです。
あたかも、これが本来の自分の姿なんだと
いわんがごとく、、
水の中で「うんち」もしてました。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.8
未来

ベルリンから約50キロ南、
飛行船を開発している施設に行ってきました。
全長260メートルの、巨大な飛行船を空に浮かべて、
大量輸送を行うというプロジェクトです。
コストという点で考えると、
果たして効率的なのかよくわかりませんが、
こんなチャレンジができるなんて、
とてもうらやましく思いまいした。
夢のある、未来の風景が目に浮かぶプロジェクトです。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.7
ミュージアム

ベルリンに来ました。
こられなくなった母親の分が余っているからと、
オペラのチケットを安く譲ってもらった、
フランクフルトから来たという正装した若いカップル。
幕間に、劇場の外で夜のベルリンを眺めながら、
「どこかミュージアムには行った?」「行ってない、」
「でも、ベルリンの街そのものがミュージアムだよね、」
「まったく、そのとおり」

モーツアルトの「魔笛」はずいぶん笑える、
楽しいオペラでした。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.6
ライブ

ハンブルグにある、FABRIKという名のライブハウス、
昔、武器工場だった建物をそのまま使っていて、
とーってもかっこよかったです。
偶然と言うべきか、、アラブ音楽でした、
演奏はSibly Bandという、アラブ人とドイツ人の混成バンド
JAZZ風にアレンジされたアラブ音楽もまた、
今までに聴いたことがないぐらい、
とーってもかっこよかったなあ、、、

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.5
strawberry fields forever

そういえば、この旅は、
日本から友人が訪ねてきた時から始まりました。
今は自分が友達を訪ねて、
ドイツの北、ルービックという街に、来ています。
ゆっくりと小さな街の繁華街を歩いたり、
残り一週間の計画を立てたりしながら、
のんびりと一日を過ごしました。
たくさんの苺がワゴンで売られていました。
夏はまだ続いているようです

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.4
移動日

飛行機で一回、車で一回、
今日は2回、国境を越えて、ドイツに入りました。
地図で見たら、車で走った距離の方が、
空を飛んでた距離よりも長かった。
移動だけの一日でしたが、
Duty Free の買い物も、
アウトバーンのドライブも、
旅だからこその楽しさです。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.3
子午線

突然、思いついたので、
ロンドンのグリニッジ観測所に行って、
0度の子午線の上に立ってきました。
この線そのものは、全く意味がありません。
意味があるのは、ここが、0度と決められて、
みんながそれを基準にしているということです。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.2
ロンドンパワー

いろんなことをしている人がいて、
いろんな肌の色の人がいて、
いろんな言葉が聞こえてきて、
今日はWest Endを歩いていても、
どうも落ち着きませんでした。
ロンドンのパワーにあたったのかな、、
でもまあ、鯖の照焼き定食も食べられたし、、

今夜は、レ・ミゼラブル(初)で感動

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.9.1
高層雲

走る列車の窓から、
きれいな雲が見えました。
空のきれいな、9月の始まり
あっと思う間に、通り過ぎていく古い町並みと、
いつまでも動かない高い雲。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.31


二週間も同じ街に滞在していると、
旅という感じもしなくなってくる。
けれど、2日間でも、2週間でも、2年間でも、
「出会い」がある限り、それは旅なのかもしれない。
今夜はエジンバラ最後の夜、
ワーグナーのオペラと、
ファイヤーワークスコンサートに会える夜。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.30
街の霊気

エジンバラは古い都です。
雨に濡れたオールドタウン、
狭い路地のそこかしこから、
古い空気が立ち上ってくるような夏の終わり。
今という瞬間が、歴史に飲み込まれてしまいそうな
時間の「重さ」を、肌で感じた日でした。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.29
United Kingdom

王宮の隣に、新しいスコットランド議会が建築中です。
1707年に統合が行われてから、
スコットランドは、イギリスの一部ですが、
今でも独自の紙幣(スコットランドポンド)を発行しているし、
まるで独立国のようです。
スコティッシュというアイデンティティーは
ここにいると、とても強く感じます。

でもグラスゴーの方がもっと強いらしい、、

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.28
エジンバラのかもめ

エジンバラの街は、海から近いので
かもめがたくさん飛んでいます。
海よりも、港よりも、街の方が好きなのでしょうか、、
「東京のからす」を思い出しました。


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.27


声を大きくしているのは、
ストリートパフォーマンスの人たちだけではありません。
町中に張られている、たくさんのポスターからも
いろいろな「声」が聞こえてきます。


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.26
石畳の道

古い街なので、
あちこちに石畳があります。
つるんとした感じが、
なんとも時間の流れを感じさせて、
道も、街の歴史の一部なんだなあと思いました。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.25
祭りの期間

フェスティバル中のエジンバラは、
通りは人で溢れて歩きづらいし、
ゴミが一杯ちらかっているし、
町中にポスターやビラが張られているし、
どこもかしこも混み合っています。
住んでいる人の目には
1ヶ月にわたる夏のフェスティバルの期間は
どう映っているのでしょう。
夏に旅行でしか来たことのない自分には
見えないものはたくさんあります。

地元の人はたいてい、「フェスティバル楽しんでる?」
って聞いてきます。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.24


かもめ、ボールを追い掛ける犬、
遠くの列車、遊んでいる子供、
芝生の上に寝転がって、
青い空と、白い雲を見ていたら
いろんな音が聞こえてきました

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.23


スコットランドは、魚が美味しい。
並んでる魚はSalmonとHaddockが多いです。
自分で晩ご飯を作ろうと、
Salmonを買いました。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.22
瀬をはやみ、

日本へ帰る友人と別れて、
一人でエジンバラへと戻ります。
満員の地下鉄に乗るのがいやだったので、
一人ぽつりとアンダーグラウンドのベンチで、
しばらくの間、流れる人と地下鉄を見ていました。

新しい旅が始まりました。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.21
言葉の壁

今日はロンドンミュージカルの2本立て
Chitty Chitty Bang Bang とMamma Mia!
言葉を越えて、
感動しています...

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.20
休日のなかの休息

エジンバラから、リバプール経由、ロンドンへ
久しぶりの列車の旅。
羊と牛と緑の丘陵、のどかな風景
食事の時間も取れないほど、
芝居を次々と観ていたので、
移動中はつかの間の休息なのでした。


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.19
Lucky Ticket

このチケットを高く掲げて、
会場に向かう人の波に向き合って立てば
一月前からSoldOutの
Edinburgh Military Tattooのチケットが
運がよければ、手に入る。

来られなくなった息子の分だから
お金は要らないって、、
名前も知らない、イングランドのおじさんへ、
ありがとう。
この善意は、きっと誰かに善意で返そうと思う、
ショーの花火の音が鳴り響いた、エジンバラの夜。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.18
今日も4本、芝居のはしご

The Government Inspector
官僚、体制批判のロンドンの劇団は見事な群集劇
Monsoon
木と水と風、音が「見える」パフォーマンスはフランスから
Scapegoat
二人で演じる5人の人物、そのうち顔が見えるのは二人だけ
The Tragedian
何度も役者と目が合って、
まるで自分まで舞台にいるような緊張感

どれも、今までに見たことないものばかりでした、
眠いのもあったけど、、

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.17
Macbeth/その2

今日のマクベスは、5cmたらずのスマイル人形が演じる、
おそらく世界で一番小さなマクベス劇。
舞台がとても小さいので、
お客さんにもちいさな双眼鏡が配られて、
弁士(兼人形使い、照明、舞台、その他諸々)の語りと共に、
小さなテーブルの上で、繰り広げられる、血の悲劇。


contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.16
Macbeth

Frantic Redhead Productionの「マクベス」は野外劇。
しかもエジンバラの街そのものが背景。
お客さんもいっしょにぞろぞろ歩きながら、
シーンごとに場所を変えて、裏通り、路地、教会の中庭、広場、、
街が舞台というべきか、舞台が街というべきか、、、

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.15
エジンバラへようこそ

3度目、2年ぶりのエジンバラ、
夏の演劇祭の真っ最中。
盛り上がる街へと到着はしたものの、
一日遅れで到着するlost Baggageが届くまでは、
中途半端な気分。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.14
夏休み3日目

1年、100年、1万年、
きっと砂漠の風景は何も変わらない、
この足跡や、車の轍は、あと何日、残るだろうか。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.13
夏休み2日目

ペトラ遺跡、「犠牲祭壇」と呼ばれる遺跡へと続く階段
方向を示す矢印に「Sacrifice」と記された道しるべの脇に
ロバが静かに、佇んでいました。

contactoftheholiday
contactoftheholiday 2002.8.12
夏休み1日目

さて、いよいよ夏休み、
日本から、懐かしい友達がやってきてくれて
アンマンの街を歩きながら、
不思議な懐かしい時間を過ごしています。

contactoftheholiday


| CLOSE |